FC2ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
03« 2012/04 »05

プロフィール

uchiyamashatai

Author:uchiyamashatai
内山車体のブログへようこそ!
愛車のキズ・ヘコミから車検整備まで
幅広く対応致します。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

超高張力鋼鈑

今日は暖かかったですね。
お天気も良くなりました。

こんばんは!フロントの内山彩です(^^)/

今日は超!高張力鋼鈑について・・・

まずはじめに
超高張力鋼鈑とは、簡単に言うと
車の骨格部位に使用されている
超!硬くて薄い鉄板と思ってください。
硬いことが車体の強度の向上に
薄いことが軽いということで燃費の向上につながっています。

素晴らしい鉄板です\(^o^)/
が、鈑金屋さん泣かせでもあります(ㆆܫㆆ。)
硬いから鈑金が大変。

ふと思い出しました。

修理内容、金額について、某保険会社アジャスターさんと
お話をしているうちに議論が起こりました。

うちの言い分
「このサイドフレームの部材は超高張力鋼鈑だから
そんな簡単には鈑金できない。とても硬いから
なかなかもとのカタチに戻ってくれないから
とても大変な作業だった」

担当アジャスターさんの言い分
「いや、これは超高張力鋼鈑ではありません。
ボディー修理マニュアルにも超高張力鋼鈑とは記載されてないので」


アジャスターさんはマニュアル本に載ってないから
それは超高張力ではないという。

うちが言ってるのは、現場作業者だからこそわかる、
経験に基づいた知識です。

当然やったことのない人にはわからないですよね。

そこで!
うちも果たしてどうなんや?!ってことで
調べてみました!

京都産業技術研究所というところで
当該車両の当該部材(リヤサイドフレームリヤの一部分)を
新たに部品発注し、5センチ角に切り落として
テストピースを部位ごとに作り
持込んで、工業試験をしてもらいました。

超高張力鋼鈑の定義に適う
引っ張り強度があるのか


試験の結果、私たちが持ち込んだ部品は
超高張力鋼鈑であると判断されました。

やったー\(^o^)/

証拠と言うとなんですが
公の機関による、科学的試験の結果なので
説得力はバッチリ!

大学の研究室のようなところでした(^_^)

いまや、超高張力鋼鈑が使われていて当たり前の
「フレーム」ですが、当時はまだ切り替わりの時代だったため
メーカー、車種によって、違っていたんですね。

いや~懐かしい思い出です。
うちってまともなことしてるやん!みたいな 笑

| HOME |