FC2ブログ
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10« 2019/11 »12

プロフィール

uchiyamashatai

Author:uchiyamashatai
内山車体のブログへようこそ!
愛車のキズ・ヘコミから車検整備まで
幅広く対応致します。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

オートバイはオモローい!

自分で運転する乗り物だったらぜぇ~んぶ同じことが
言えると思いますが、最初に知っておかなければいけないこと
Σ( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!
それは・・・(?_?)
ブレーキ。。。。。。。。。。。。。。。(((((*><)キキキキ
多分、スキーやスノボも一緒じゃないのかな?

今日は泉の好きなオートバイのブレーキングについて
お話したいと思います。
原付から大型バイクまでブレーキレバーの位置や止まる
性能は様々ですが、運転している皆さんは、フロントブレーキと
リアブレーキを使い分けていますか?
特にスクーターに乗っている方は、どっちが前でどっちが後ブレーキか
分からないまま運転している方もいらっしゃると思います。

オートバイのフロントブレーキは通常アクセル側、
つまり右側のレバーです。
リアブレーキはスクータータイプなら左側のレバー、
中にはスクータータイプでフットブレーキペダルを
採用している車種もありますね。
クラッチ付きバイクなら右のフットブレーキペダルを踏むと
リアブレーキが反応します。

皆さんは、オートバイのブレーキングの際、この前後のブレーキを
どの位の割合でかけていますでしょうか?
教習所で免許を取る際に、”前が8後ろが2”の割合で!
とか習った方も多いのではないでしょうか?
これは間違いではないのですが、時と場合によっては
大変危険なブレーキングになってしまう事があります。

フロントとリアを同時に使う事が基本ですが、
制動距離だけならば、フロントブレーキが圧倒的な性能を発揮し、
リアブレーキだけで止まる時の半分以下の距離で
止まることができます。
しかし、路面に砂や小石が散乱している場合のブレーキングは、
この前後のブレーキの比率を意識適に変化させて、
安全にスピードを落とす必要があります。

ちなみに泉が、一般公道を走る際の前後ブレーキの割合は、
”前が4後ろが6”の時が多いですね。
あってほしくない事ですが、突然の人や車の飛び出しに反応する時は
フロントの割合が高くなります。
過去に何度か一般公道で事故になりかけた事がありましたが
この時は、衝突寸前まで諦めず、最後はリアブレーキでスリップさせて
バイクを横に向けて止まれたので大事故にならずに済みました。

フロントブレーキは速度を落とす事を重視して使い、
リアブレーキはオートバイを安定させる為に使って下さい。

但し!上記の内容は前後のタイヤ溝や形、空気圧が
規定値であることが大前提です!!

来週14日にまたまた鈴鹿でパイロンコースを走り込んできます(o^∇^o)
この時は、”前が1後ろが9”で走ります。
って言うか、直線以外リアブレーキは踏みっぱなしなのです。

社長もダイエットするのに持って来い!なので誘っています。
水遊びしに来ませんかヾ( ◕ฺิ▽◕ฺิ`*)ノ=3=3 | HOME | っておい!!(╬☉д⊙)

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |