FC2ブログ
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
10« 2019/11 »12

プロフィール

uchiyamashatai

Author:uchiyamashatai
内山車体のブログへようこそ!
愛車のキズ・ヘコミから車検整備まで
幅広く対応致します。

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

面白くて読み進んでいます!

今日の天気予報は・・・
午前中100% ?!
ほんまかいな(^_^;)
雪のゆの字も今んとこ感じられません。

おはようございます!フロントの内山彩です(^^)/
ついに2月も今日で終わり。
早くも今年が2ヶ月も過ぎ去ってしまいました。

坂の上の雲、4巻の中ほどを読んでいます。
これ、最長記録! 笑

司馬遼太郎さんの本は何作か読んでいますが
これを読んでいて初めて思いました。

これはただの歴史小説ではない、
論文じゃないかと。

脚色は当然あるでしょうが
描写は仔細極まるもので
なんでそんなこと分かりえるのか?
と思うようなエピソードが多数挿入されています。

探究心からくる取材力なんでしょうか。

その文体のせいもあるかもしれません。
文中によく筆者が登場します。

余談であるが・・・とか
筆者はこう思う・・・とか

ダイレクトな表現が作中、ところどころあります。

だから論文のようだと思うのでしょうね。

だからリアルなんだと思うのでしょうね。

日本人として知っておくべき史実です。

たぶん先入観をもつことなく
史実を知ることができるのではないでしょうか。

3度目の正直で、読み出しました。
なぜ今まで読み進められなかったのか考えてみました。

一番初めに読もうとしたのは、数年前。
4~5年経つでしょうか。

あの頃の私にはたぶん読む能力がなかったんだと 笑

あの頃とは読み方が違います。
読んだ部分について、それが今の日本に、
今なお及ぼしている力を考えてみたり

単純に、意味や読み方のわからない文言を
すぐさま携帯で調べてみたり

一番最初に「単縦陣」の意味を調べました

登場人物で気になった人を携帯で調べてみたり。

今まで読んだときよりも、気付くものが多くなりました。

あの頃よりちょっと成長したようです
時代背景にも救われています!
あの頃はまだ、ケータイで、そんな気軽にググれなかった 笑

過去にも坂の上の雲について書いていたなと思い
ブログを探してみました。

ありました!

2009年12月14日のブログ!

恥ずかしい(´Д`υ)
2回目を読み出したとき
今度は止まることはあり得ない!とか言ってたようです(ㆆܫㆆ。)

結局読めずに、今3度目の正直です 笑

今度は偉そうなこと言わんとこ(^_^;)

もし、無事、読み切れたら!
読後の感想書きま~す
恐れ多いやつめ | HOME | あ~腰が(´Д`υ)

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |